関係人口の取組

島の子どもたちに
新しい経験を! 日間賀島

日間賀島会では、観光協会青年部や女将会のメンバーが中心となり、
島外の協力者と一緒に、島の課題を解決する取組を考えました。

日間賀島の課題キーワード
子どもの教育:離島という地域特性により、子どもたちの多様な経験が減っている
子どもの交流:同世代の子どもとの交流が、島の狭い範囲でしかできない。
<学校部活>
小学98名(R2/5/1)男子サッカー、女子バスケットボール、卓球
中学63名(R2/5/1)男子バレー、卓球/女子バスケットボール、卓球
日間賀島が実現したい取組
ビジョン:島の子ども達の幅広い経験ができる島へ
取り組み:島外より講師を招き、一宿一飯と引き換えに授業をしていただく。
取り組みの目的
◆様々な職種・分野の講師を招き、新たな学びの機会をつくる
→子供達の視野を広げる

◆持続可能な取り組みとして実施
→島で子育てすることのメリットの1つに
→一宿一飯の費用を参加費で賄える仕組み
◆島に深く関わり島のファンとなる
→講師が関係人口となり、今後も困った時に助けてもらえる人脈づくり
→島外のこどもも一緒に参加することで、同年代の子どもとの交流ができる

そんな、島の未来をつくる大切な取り組みになることを目指します。

会議の様子

新たな取組

取組の思い
子どもたちの成長が、
日間賀島の未来を作っていく
活動予定
  • 講師の募集、学び教室の開催
学び教室
興味のある学びについて日間賀島小・中学校の生徒、保護者アンケートを実施。
今後はアンケート結果を参考に、学び教室を開催する
<人気の高い学び教室>
生徒:スポーツ・運動、漫画・絵画、バスケットボール、ユーチューバー、卓球など
保護者:スポーツ、英語、ユーチューバー、SNS・コミュニケーション、水泳・人生など

今後、実施する活動や、参加募集情報などアップしていきます。
日間賀島へ訪れた際に、ぜひ活動にご参加ください。